月別アーカイブ: 2016年3月

鬱病の姉

10年以上、鬱病だと診断された姉がいます。
母子家庭で鬱病のため仕事が出来なくなったのですが、姉の病気がそうさせているのか、性格なのか何も理解しようとしない姉に困っております。

わたしが仕事中でも構わず携帯電話に連絡をしてきて、「買い物に連れて行ってほしい」「アパートの隣の住人とトラブルがあった」「娘の学校のことで」などなど、全てのことをわたしに話してきます。
もちろん、手助けできることはしていましたが、あまりの連絡の大さにわたしも精神的に参ってしまった時期があり、姉との距離を置いたこともあります。
どうして距離を置いたのかさえ理解できないフリ?をしている姉は昼夜問わずにどうでもいいことで連絡をしてきます。

姉の娘が進学する際、学校の見学や寮の下見など全てわたしが同行して、お金も払ったのですが(宿代、交通費、食事代)、一向に返済しようとしません。
当時、姉は「あなた(わたし)に後で支払う分のお金は用意してあるから」と張り切って話していたのですが、それすら忘れたフリ?で1年以上経った今でも、お金を返済しようとしません。
額にしてみると6?7万円といった金額ですが、それでも少ない収入の中からの出費でしたので、非常に困っております。
姉には、今回のお金のこと以外でも何気なく日常生活におけることで注意を促してきましたが、毎回のように逆ギレされてしまいます。数日するとケロッと忘れたように、わたしが住んでいる実家に来たり、連絡してきたり・・・。これまで姉本人に傷つけないために言葉遣いにも気を付けて、様々な指導や注意をしてきたつもりですが、これが何年も経つとさすがに嫌気がさしてきます。

お金の件に関しても、小学生の言合いのような言葉が飛び交い、
「娘に何も食べさせられないまま、あなた(わたし)にお金を返せって言うの!?」、「娘に学校を辞めさせろと言うの!?」、しまいには「そんなお金はない」と言い放って連絡を断つなどあり、わたしも呆れてしまい、それ以降は姉には何も言わなくなりました。

そうこうしているうちに、姉が大きな借金をしていることが発覚しました。借金の返済をするために闇金に手を出してしまっていたようなのです。「どうしよう・・・」と私に相談してきた時にはもう後の祭。実家に取り立てに来られても困るので、いろいろと調べました。

借金問題は間違いなく解決することができるようです。日本では借金を負ってしまったら見放されるのではなく、ちゃんと法律によって助けてもらうことができます。私と姉は「街角法律相談所」という無料のサイトを利用して弁護士さんに債務整理をお願いしました。

香川県(高松市以外の方でも)で借金問題に困ったら・・・*債務整理高松*弁護士さん司法書士さんんを無料で紹介してもらえますよ。