月別アーカイブ: 2015年11月

不要になったブランド品やお洋服、私の場合

今日は「不要になったブランド品や服などは?」について、お話します。

私の場合、不要なブランド品や洋服などについては二通りの方法があります。
一つは「友人知人に譲渡する」もう一つは「ボロボロに破れるまで着続ける」です。
いずれにしても、とりあえずは自分の手元に保管します。

私も、中古ブランド品や衣料品の高価買取ショップのことは知っています。
ですが現在は全く考えていません。
実は過去には何度か、お買取をお願いしたことがあります。
ですが買取査定価格が極端にお安く、どう考えても不満でした。
そしてこのときに痛感したのが
「リサイクルショップは、ブランド品をお安く購入させてもらうには良いところ」
中古品のお買取には、期待しないほうが無難です。
むしろ、全く考えないほうが良いです。

そんなわけで、現在は私の手元には不要なブランド品や洋服などが30点以上あります。
自室には置く余地もないので、実家のクローゼットと空き部屋に置かせてもらっています。
私の場合、ブランド品はそれほどないのですが、衣料品の不要品が多いです。

そんな話を友人にしていたら、友人がブランド物を買取してもらうときにいつも利用している買取業者サイトを押してくれました。参照・・・http://xn--1ck8a7e4cs16ufl9d.com/

友人は紹介したサイトの業者でセリーヌのスカーフを買取してもらったそうなのですが、思っていた以上の査定額だったと喜んでいたんです。私は教えてもらうまでこちらのサイトは知りませんでした。

私が「捨てられない女」だからです。

私自身は洋服や服飾雑貨で余分なものは買いません。
むしろ、買う量も持っている量も少ないほうです。
ところが私の場合、こんな癖があります。
「他人がいらないと言う洋服などをもらってしまい、捨てられない」

私の知人には数人、「余分な洋服などを買って後悔する人」がいます。
決して決断力や管理能力に問題のある人ではありません。
皆様おしゃれで資金にも余裕のある、むしろ羨望の対象です。
そして私は、こんな方々から余分な洋服などをもらってしまいます。
それも、自分自身が着ないものまで引取ってしまいます。

私自身が、なんでも本気で「もったいない」と思うタイプです。
「まだ着られる洋服や服飾雑貨を捨ててしまうなんて、絶対できない」と本当に思っています。
最近は、いくらなんでも自分でも着ない洋服が多すぎるので、
片づける必要を痛感しています。
ブランド品でなくても、中古衣料を高額買取して下さるリサイクルショップ様を切実に探す次第です。