脱毛のためだから頑張れた工場でのアルバイト

コンプレックスだった剛毛とおさらばするために脱毛に通いたくって、以前から登録していた派遣で募集していた弁当製造のバイトをしました。

不安でしたが金欠なのと派遣会社からは簡単な仕事ですよーと紹介され、簡単ならいいかとすぐに応募しました。午前8時から午後5時半まで日当6400円のGW限定の仕事でした。募集内容にはコンビニのおにぎりの簡単な製造と書いてましたが、実際行くと全然違うことを行いました。

まず、着いて着替えた後すぐにラーメンサラダの玉ねぎを3gずつ麺上に置くという仕事を行いました。なんの説明もなくパートの方からはただ3gこの写真のとおりに置いて!と計りを渡され3gを自分で計りよく分からない状況で仕事が始まりました。そこの工場は市内の某コンビニ全ての弁当を担当している様で数が半端じゃなかったです。

いちいち計りで計っていたら作業がストップしてしまうのである程度計ったあとは3gをだいたいで置いていきました。そうしないと追いつかないのです。合っているかわからないけどどんどんベルトコンベアから流れてくるし、周りも皆作業しているため聞くに聞けない状況で、黙々と行うしかありませんでした。案の定、玉ねぎ3g多い!とパートさんから怒られました。この時点で来なきゃよかったと思いましたが、来てしまったのでやるしかありません。

その後も様々な流れ作業を行いました。ビーフシチューのにんじんを置く作業や、ウィンナーを切り口を揃えて置く作業、おにぎりの海苔を切る作業、弁当に値段のシールを貼る作業、ご飯をほぐす作業等8時間の労働内で様々なコンビニ弁当に関わる仕事をしました。

仕事で辛かったことは聞いても忙しいせいかあまり教えてもらえず→失敗→怒られるということが何度かあったことと、パートのおばちゃん達がお互いの悪口を言い合って作業していたのを見た事です。その時の雰囲気は悪かったです。

また数1000個という単位で弁当や、おかずを作るためコンビニ弁当を食べたいと思うことがなくなりました(笑)良かったことは2日目以降の仕事は勝手もわかり初日よりはだいぶ慣れたことと、パートさんからも「大変でしょー頑張ってね」等声を掛けて頂いたことです。また、4日間で25000円くらい稼げたことも良かったです。短期のバイトでしたが内容は濃いものでした。

また、大きい工場だったため仕事の数や量も大変なものだったんだと思います。その後も何度か弁当製造の募集が来ましたが、もう申し込むことはないと思います。やるとしたらもう少し規模の小さな工場がいいなと感じました。

でもおかげで念願だった脱毛に通うことができたので良かったです!※医療レーザー脱毛※町田市で永久脱毛するならどこがいい?安いのは?

家族にバレないようにカードローン

お金に関する悩みは尽きませんが、今の所働く予定はありません。
というか、外に出るタイミングがつかめません。

①私以外が働いているので、家に…。
我が家の義父母は自営業です。自宅とは別の場所に店舗があり、日中自宅にはいません。
主人は会社員です。一家で3人働き手があるので、それはそれでいいのですが、子供が大きくなって将来的な見通しを立てるとき、主人の給与以外で将来設計することができません。
結局は1人の収入ということになります。
まさか義父母に「いくらありますか?」とも言えず、義母には「ママが家にいるから安心して働ける」と言われてしまうと、「私も外に…」とは言えません。

②貯金ができない
子供の習い事費が本当に痛いです。
小さなころは安かった月謝も、年を重ねるごとに値上がり、値上がりで、またずっと続けているために辞めるタイミングをいつも逃します。
義母のつながりで入った生命保険も、正直いらないものだとわかっていながらずるずると…。
義母伝いに断ると、相手にうまいこと言いくるめられ、結局「私が払うから続けなさい」となります。
でも払うのはほんの数か月分で、すぐに忘れてしまい、結局主人の給与から…。そんなこんなで、貯金ができません。

③子供の大学進学
申し訳ないけど、国公立大学でお願いしたいというのが本音です。
私立で行きたい大学があっても、学費を滞納などという事態になったらそれはとても恥ずかしいので。
高校に入るまでも、塾に多額のお金をかけました。
大学となればもっと高額となり、大学に入るまでにもたくさんお金はかかります。
今までの生活を維持しつつ学費を捻出するには、やはり働くしかないんでしょうか…。

④「ない」わけではないけれど
子育てが終わると、私たちも大分年老いています。
老後の蓄えなるものも必要なわけで、どこまで子育てに吐き出せるのか、吐き出していいのかも悩んでいます。
歳をとれば働く先も限られますし、単価も落ちます。
夫婦と、主人の両親が食べていけるだけの収入が得られる保証もないので、貯金はやはり大切…。
子供たちも、自分たちも、の線引きがとても難しいです。

私は本当にお金に困ったらカードローンを使います。
主婦でも審査に簡単に通るようだし手続きも簡単ですが、一番の懸念は家族にバレないかということ。
義理の両親にバレたらとんでもないことになってしまいますからね。
家族に確認の電話が入ったりすることもないので安心して利用していますが。

※参考に・・・主婦ローン 審査

みなさんはどうしていらっしゃるのでしょうか。

鬱病の姉

10年以上、鬱病だと診断された姉がいます。
母子家庭で鬱病のため仕事が出来なくなったのですが、姉の病気がそうさせているのか、性格なのか何も理解しようとしない姉に困っております。

わたしが仕事中でも構わず携帯電話に連絡をしてきて、「買い物に連れて行ってほしい」「アパートの隣の住人とトラブルがあった」「娘の学校のことで」などなど、全てのことをわたしに話してきます。
もちろん、手助けできることはしていましたが、あまりの連絡の大さにわたしも精神的に参ってしまった時期があり、姉との距離を置いたこともあります。
どうして距離を置いたのかさえ理解できないフリ?をしている姉は昼夜問わずにどうでもいいことで連絡をしてきます。

姉の娘が進学する際、学校の見学や寮の下見など全てわたしが同行して、お金も払ったのですが(宿代、交通費、食事代)、一向に返済しようとしません。
当時、姉は「あなた(わたし)に後で支払う分のお金は用意してあるから」と張り切って話していたのですが、それすら忘れたフリ?で1年以上経った今でも、お金を返済しようとしません。
額にしてみると6?7万円といった金額ですが、それでも少ない収入の中からの出費でしたので、非常に困っております。
姉には、今回のお金のこと以外でも何気なく日常生活におけることで注意を促してきましたが、毎回のように逆ギレされてしまいます。数日するとケロッと忘れたように、わたしが住んでいる実家に来たり、連絡してきたり・・・。これまで姉本人に傷つけないために言葉遣いにも気を付けて、様々な指導や注意をしてきたつもりですが、これが何年も経つとさすがに嫌気がさしてきます。

お金の件に関しても、小学生の言合いのような言葉が飛び交い、
「娘に何も食べさせられないまま、あなた(わたし)にお金を返せって言うの!?」、「娘に学校を辞めさせろと言うの!?」、しまいには「そんなお金はない」と言い放って連絡を断つなどあり、わたしも呆れてしまい、それ以降は姉には何も言わなくなりました。

そうこうしているうちに、姉が大きな借金をしていることが発覚しました。借金の返済をするために闇金に手を出してしまっていたようなのです。「どうしよう・・・」と私に相談してきた時にはもう後の祭。実家に取り立てに来られても困るので、いろいろと調べました。

借金問題は間違いなく解決することができるようです。日本では借金を負ってしまったら見放されるのではなく、ちゃんと法律によって助けてもらうことができます。私と姉は「街角法律相談所」という無料のサイトを利用して弁護士さんに債務整理をお願いしました。

香川県(高松市以外の方でも)で借金問題に困ったら・・・*債務整理高松*弁護士さん司法書士さんんを無料で紹介してもらえますよ。

消費者金融について思うこと

私が消費者金融に持つイメージを箇条書きにし、簡単な解説を書き加えていきたいと思います。

・手軽に利用出来る。
銀行等に借り入れを申し込むと、時間がかかったり提出書類がかなり煩雑だったりといった印象がある。消費者金融はそういったことが少ない。

・スピーディーである
銀行等に比べて手続きが簡便であることから、融資の実行までが迅速である。

・利息が高い
確認やら審査やらに時間をかけずに融資をおこなうということは、それだけ自己のリスクも高まるということである。金利がある程度高いのはそういったリスクも込みの数字なので利便性を取る以上ある程度許容しなければならないと思う。スーパーとコンビニのような関係だろうか。無利息ローンというのも聞く。※http://xn—-piusa9a4056ao5r0w0a.com/

・取り立てが厳しそう。
これはどの金融機関から借り入れを行っても同じなのだろうが、消費者金融というとその昔まだサラ金と呼ばれていた頃のイメージがどうしてもつきまとってしまうため、怖いお兄さんがやってきて脅されるのではないかという印象はぬぐえない。

・利用したいかしたくないか
出来る事ならばお金を借りずに済むのであればそれにこしたことはない。お金がかかることであっても事前に予定がわかっているものならば準備も出来ようが不幸があり、大急ぎで地元に帰らなくてはならない。飛行機も正規料金でしかチケットが取れない、クレジットカードではなくどうしても現金払いが必要な場所がある、電子マネーでは対応できない等、まだまだ現金が必要な場面は多いと思う。そういったときのためにルールと節度を持って利用するならば問題はないのかなと思う。

・消費者金融を利用している人をどう思うか。
前述したとおり、緊急避難的に利用するならばまったく問題はないと思う。問題なのは遊興費やギャンブルなどで自転車操業的に利用するようなケースだと思う。

このような状態に陥り自己破産した知人を何人か知っているので、悲惨さがよくわかるが借金が無くなっても本当にその後も大変だ。

もし利用されるのであれば節度を持った使い方をされることを期待する。

不要になったブランド品やお洋服、私の場合

今日は「不要になったブランド品や服などは?」について、お話します。

私の場合、不要なブランド品や洋服などについては二通りの方法があります。
一つは「友人知人に譲渡する」もう一つは「ボロボロに破れるまで着続ける」です。
いずれにしても、とりあえずは自分の手元に保管します。

私も、中古ブランド品や衣料品の高価買取ショップのことは知っています。
ですが現在は全く考えていません。
実は過去には何度か、お買取をお願いしたことがあります。
ですが買取査定価格が極端にお安く、どう考えても不満でした。
そしてこのときに痛感したのが
「リサイクルショップは、ブランド品をお安く購入させてもらうには良いところ」
中古品のお買取には、期待しないほうが無難です。
むしろ、全く考えないほうが良いです。

そんなわけで、現在は私の手元には不要なブランド品や洋服などが30点以上あります。
自室には置く余地もないので、実家のクローゼットと空き部屋に置かせてもらっています。
私の場合、ブランド品はそれほどないのですが、衣料品の不要品が多いです。

そんな話を友人にしていたら、友人がブランド物を買取してもらうときにいつも利用している買取業者サイトを押してくれました。参照・・・http://xn--1ck8a7e4cs16ufl9d.com/

友人は紹介したサイトの業者でセリーヌのスカーフを買取してもらったそうなのですが、思っていた以上の査定額だったと喜んでいたんです。私は教えてもらうまでこちらのサイトは知りませんでした。

私が「捨てられない女」だからです。

私自身は洋服や服飾雑貨で余分なものは買いません。
むしろ、買う量も持っている量も少ないほうです。
ところが私の場合、こんな癖があります。
「他人がいらないと言う洋服などをもらってしまい、捨てられない」

私の知人には数人、「余分な洋服などを買って後悔する人」がいます。
決して決断力や管理能力に問題のある人ではありません。
皆様おしゃれで資金にも余裕のある、むしろ羨望の対象です。
そして私は、こんな方々から余分な洋服などをもらってしまいます。
それも、自分自身が着ないものまで引取ってしまいます。

私自身が、なんでも本気で「もったいない」と思うタイプです。
「まだ着られる洋服や服飾雑貨を捨ててしまうなんて、絶対できない」と本当に思っています。
最近は、いくらなんでも自分でも着ない洋服が多すぎるので、
片づける必要を痛感しています。
ブランド品でなくても、中古衣料を高額買取して下さるリサイクルショップ様を切実に探す次第です。

 

どうしても必要になった時はローンやクレジットで凌ぎます。

考えてみるとゾッとしますし、困る難しい問題です。貯金も0、現金も0。それでもどうしてもお金が必要。使わなければならないと自分に置き換えた時に色々と考えてみました。

住宅購入や、結婚、車の購入、子供の進学する教育資金等自分がどんな立場だったらとシミュレーションをしてみました。その結果、もしそのような状況になった場合、私はこうします。まずは、ローン等でお金を借ります。ただし、消費者金融の類では一切借りません。自分が利用している銀行や労金のローンを利用します。

その方が金利が馬鹿みたいに取られませんし、催促もきっちり返済していれば問題ないかと思います。後は借りる金額かと思います。返済も月5000円や、10000円なら何とか返済、支払できると思います。友達がお金がなくて労働金庫のローン、マイプランを使ったことがあったそうです。

月5000円の毎月返済で数年かけて返済していきました。信用があり、金利の低い所が魅力的で一番いいのかもしれません。それでも必要なら、クレジットカードのローンを利用します。

それぞれ借りられる限度額はカード作成時に設定するかと思います。私は10万円に設定してますが、それ以上するつもりもないし利用をしたこともありません。

高額を借りればやはり、銀行や労金よりも毎月の支払額と金利は高いでしょうし、簡単な返済は上手く支払いプランを考えないとできなくなる危険もありますので良く考え注意して借りるべきです。

ただクレジットカードの支払いは日用品の買い物の支払などに利用すれば場合によってはカードのポイントも貯まるので、溜まったポイントでいつか欲しいものを買えるので全くディメリットではないかと思います。

自分は二点の方法でお金を借りたり使っていきますがなるだけはしたくありません。それもできないとなれば、最終手段は親や家族に事情を話し、借りる。これしかないと思います。

前借や友人から借りるのは信用を無くしそうで怖そうです。そんなことがない様に日々節約、仕事、生活をしっかり考えて生きていければ理想です。